FC2ブログ

最近の葬儀の不思議

色々なところに葬儀に行きます。
葬儀屋が「バシャバシャ」とフラッシュたきながら葬儀や出棺まで式の間ずっととってるんですねぇ。
正直、それが葬儀屋のサービスなら無駄なサービスです。やめていただきたいですね。式中ですので注意もできない、終わってから「写真撮ってすいません」だなんて葬儀自体が金儲けの温床と化してる。
心からの葬儀とは何か、葬儀屋も僧侶も考えないといけないと思います。

さ~らぁ~にぃ~
「生活保護受給者は葬儀をしてはいけない」

なんだそれ?亡くなった故人さんに対する偏見と侮辱。

市からはそれ相当の費用が出ている。生活保護を受けている方に神栖市なら10万円だそうだ。
それも、お寺への布施ではなく葬儀屋へ入るお金。

それはいいとして、いくつかも賛否のある問題である。
①お寺の葬儀費用の高いというイメージ
②税金から布施に支出することへの抵抗

税金から出すことへの抵抗はあると思う。しかし、葬儀屋に出すんだぁ。目に見えるお金だからね。でも、金額多くないかい?最終的には生活保護受けている方のお骨は寺管理となる。お寺に欲しいというわけではないが、葬儀屋に10万で実質プラスマイナス0以上となる。お寺は喪主さんの懐から5000円~10000円で33年またはそれ以上墓地の管理をするわけである。なんかおかしくないかい?
お寺も気持ちなら、葬儀屋さんもマージンとらなくて気持ちでやってほしいねぇ。

なにより「生活保護受給者は葬儀をしてはいけない」というのがおかしい。
保護受けてようが受けてなかろうが、ちゃんと葬儀をしてもいいじゃないの?その代り税金を使うことなく「簡素でもきっちりする」という信念を僧侶が持たなくてはいけない。本堂でやれば線香やろうそくなどお金は一切いらない。(生活保護受給者の場合)
葬儀屋さんに棺・必要書類の代行・配送・その他納棺にかかる費用などで済む。

でなければ、ますます葬儀の簡素化が進むことになる。
だって、「しなくてもいいんでしょ?」「それでいいなら簡素化しましょ」「だめなら、なぜ僧侶は簡素化でやってんの」「金にならないものは簡素化なの」となるではないか。

勿論、生活保護受給者とそのほかの方とは規模や内容は変わってくるものの違うもののやることはやる。そういうことは必要ではなかろうか。
たとえ一日でもお経を同じように読む。そのぐらいの供養はしていかなければならない。「葬儀をしてはいけない」という考えが起きることが情けない。